相続税とは

ここでは相続税についてご説明させていただきます。

相続税とは、被相続人(亡くなった方)の死亡によって被相続人の親族等(相続人)が相続で取得される財産に対して課税される税金のことを指します。

 

相続税は、遺言書(遺言)によって譲り受けた財産についても相続税は課税されます。そのため、財産の受遺者も対象となります。

相続税の申告と納税の期限に関しては、相続の開始があったことを知った日(たいていの場合は亡くなった日)の翌日から10か月以内に亡くなった方の死亡時におえる住所を管轄している税務署に対してしなくてはなりません。仮に申告の期限までに申告をしなかった場合には、本来支払うべき税金以外に加算税や延滞税が掛かってしまうので、早期に税務のプロである税理士等にご相談いただくことをお勧めいたします。

 

この相続税は、なかなか一般の方にとって身近でないばかりか、税務を担当する我々や税理所の業界でも10人に1人くらいしか担当していないため、しっかりとノウハウを持って対応できる組織が少ないのが実情です。当事務所では、無料相談も年間200件ちかく受け付けております。

まずは一人で抱え込み悩むよりも、お近くの専門家にお気軽にお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします