相続税の計算方法

ここでは相続税の計算方法についてご説明させていただきます。

実際に相続において、相続税が発生する事例は稀ではありますが、必ずないとも言い切れないので確認していきましょう。

 

1.課税価額を算出

「相続財産の価格」+「みなし相続財産」-「債務・葬式費用の金額」+「(A)相続時精算課税の適用を受けた贈与財産・(B)Aを除く3年以内の贈与財産」 

 

2.課税遺産総額を算出

「課税価格」-「基礎控除額(3000万円+法定相続人の数×600万円)」 

 

3.相続税の総額を算出

「課税遺産総額」×「各人の法定相続割合」×「税率」-「控除額」

※これを相続人ごとに行って合計する

 

4.各人の相続税額を算出

「相続税の総額」×「各人のあん分割合(各人の課税価格/課税価格合計)」 


5.各人の税額の加算・控除

これらの加算または控除後の金額が納付すべき相続税額となります。

 

<加算項目>

・税額の2割加算(1親等血族(世襲相続人を含む)配偶者以外の人に適用されます)

 

<控除項目>

・贈与税額控除
・配偶者の税額軽減
・未成年者控除
・障害者控除
・相次相続控除
・外国税額控除

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします