老い支度の重要性

一般に、元気なうちに将来の不安を解決しておくことを「老い支度」と言います。
特に、お金の問題は是非とも解決しておく必要があります。

ところで、「老い支度」と言っても、具体的にどの程度準備をすればよいのかはわかりませんよね。

そこで、まずは具体的に「老い支度」にどのくらいのお金が必要かを一緒に見ていきましょう。

居宅に住む場合にかかる費用

デイサービスを利用する場合 2~3回、月10回前後 7000円~8000円
訪問介護を利用する場合 週2~3回、月10回前後 4000円前後/月

施設に入所する場合にかかる費用

軽費老人ホーム:賃料・食費込 7~8万円/月
特別養護老人ホーム 7~17万円/月
サービス付き高齢者住宅:賃料・サービス料込 13~20万円/月
有料老人ホーム:賃料・サービス料込 25~35万円/月

葬儀にかかる費用

直葬

21~25万円
家族葬 40~50万円
一般葬 70~100万円

 

供養にかかる費用

代供養 5~10万円
納骨 30~50万円
80~300万円

 

その他にも、各種届出に8万円程度かかりますし、家財などの処分や清掃についても1ルームで8~10万円程度かかることが予想されます。

おそらく、予想していた以上に「老い支度」にはお金がかかると感じられたのではないでしょうか。

そして、老い支度をしっかり行うには、専門家の知恵を借りなくては難しい部分も沢山あります。
安心して老後を過ごすためにも、老い支度はしっかりと終わらせておきましょう。

まずは無料損談までお気軽にお越しくださいませ。

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします