相続税の申告

 

ここでは相続税の申告についてご説明していきます。

被相続人から財産を相続する者に課税される税金を相続税といいます。
相続財産が相続税の基礎控除を越える場合、相続税が発生しますので、その旨を税務署に申告する必要があります。 

相続税の申告には期限が設けられていて、相続が発生した日から10か月以内に税務署に申告します。この期限を過ぎないよう注意しましょう。
この期限を過ぎてしまうと、控除が受けられなくなってしまったり、延滞税などを請求されてしまいますので期限を過ぎないよう注意しましょう。

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします