未成年がいる場合の遺産分割

相続人に未成年がいる場合、未成年者は遺産分割協議できません。
ですので下記のいずれかの方法を選択しなければなりません。
 

  • 未成年者が成年に達するまで待ってから遺産分割協議をする
  • 未成年者の代理人が遺産分割協議をする
     

通常、未成年者の代理人はその親になるのですが、親子そろって相続人となるケースも非常に多く、そのような場合は、親と子供の利益が相反することになるので、親が子供の代理人となって遺産分割協議は行えません。子供の財産の権利を親が脅かさないために、法律でそのように定められています。

また、未成年者が20歳目前で、あと少ししたら成年になるといった場合は別ですが、ほとんどは成年になるまで待ってられないという事例が多く代理人を立てるのが多いです。このような場合ですと、特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てする必要があります。

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします