相続方法が決定できない場合

もちろん、全ての方が相続方法がうまくいくというわけではありません。

残念ながら相続方法が何かしらの理由で決定できないというケースも多くありえます。

例えば、下記のような場合です。

 

1. 相続財産がバラバラと複数あり、調査がなかなか進まない

2. 相続人同士が不仲であるため、裁判をする程ではないが、正確な財産の把握、話し合いができない

3. 借金があるようなのだが、借金の全体額などの全貌が見えない

 

熟慮期間の伸長

被相続人が全国各地で様々な事業を行っていたり、複数県にまたがり不動産を所有していた場合、すべての資産と借金を3ヶ月で把握するのは至難のわざです。

万が一、3ヶ月以内に相続方法の決定が出来ない場合には、相続について利害関係を有する人が家庭裁判所に請求する事で、この3ヶ月という期間を延長する事もできます。借金が多いのか資産が多いのかすぐにははっきり定まらず、相続放棄の決断がつかず迷っている場合には、この延長の請求をご検討ください。

 

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします