戸籍謄本と戸籍抄本

戸籍謄本(こせきとうほん)戸籍抄本(こせきしょうほん)の違いについてご説明させていただきます。

戸籍謄本とは、戸籍内の情報を全て写したもののことになります。戸籍内に記載されている全員の婚姻や分家、出生などといった情報が記載されています。

一方、戸籍抄本とは、戸籍の一部の情報を写したもののことです。必要な情報だけ写す場合には、戸籍抄本を取得することになります。

また、平成6年より、戸籍のPCでの管理化が進んでおり、それに応じて、戸籍謄本や戸籍抄本の名称が変わっています。戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本は「個人事項証明書」と言います。

しかし、実務上はこれまで通り、戸籍謄本と戸籍抄本で窓口でも通じます。

お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします