相続財産の評価方法(その他)

一般財産

家具などの一般財産は、基本的に調達価額によって評価されます。

調達価額とは、評価時点で同じ程度のものを買う場合の価額をいいます。

調達価額が不明なものについては、小売価格から経過年数に応じた償却費を差し引いて評価します。

※動産は個々評価するのが原則ですが、1個あるいは1組の価額が5万円以下のものについては、「家財道具一式100万円」といったような一括評価もできます。 

 

ゴルフ会員権

ゴルフ会員権は、取引価額の70%で評価されます。
預託金があればその価額も加算されます。

取引相場のない会員権については、預託金価額で評価されます。
なお、取引相場のない会員権のうち、株式形態のものであれば、株式として評価額を計算します。

 

絵画などの美術品

美術品は「売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して」評価されます。 

 

生命保険金の権利

解約返戻金が評価額とされます。

 


お気軽にご連絡ください

089-931-1240
スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。

  • 相続・遺言に関することならおまかせください 無料相談会のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします